医薬品と耳鳴りとお肉について

耳鳴りがする、耳の中にざわざわとした音がする、何も音が周囲でしていないことにも関わらず、なぜかざわざわとした音が耳の中で聞こえる、このような症状が出る患者さんがいます。

そのような際には、何かの病気かと思い、耳鼻科などを訪れる患者さんがおり、その結果、耳の検査やめまいの検査などを行った結果、突発性難聴と診断されるケースがあります。

これは、突発性難聴というものは、大きなストレスに晒された時、例えば職場でのいじめ、嫌がらせ、仲間はずれや上司からのパワハラなど、とても辛い出来事が、体の限界を超えた時に、疲れとして、ある日突然に、突発性難聴になることがあり、その際には、治療の薬として、めまいや難聴をおさえるために、医薬品が処方されるケースがあります。

このような環境にある時には、どうしても、そのような上記の辛い職場環境などや人間関係の環境などを変えることで、突発性の難聴などがなくなる、またはめまいなどがなくなるケースは多いものですが、同時に、仕事であるため、また現在の日本は不景気であるため、なかなかに仕事を変えることが出来ない…このような人が多いことが現状です。

そのため、せめて疲れやすくならないためにも、栄養バランスの取れた食事を食べることで、体に免疫力をつけて、突発性難聴やめまいなどを治そう、このような指導がされるケースもあります。

そのような場合、必要な栄養としては、野菜やお魚、お肉など、また、ご飯などをしっかりと、栄養バランスを考えて、食べることで、免疫力などがつき、またお肉を食べることで、活力が出るケースなどもあり、少しのストレスや辛いストレスが、乗り越えられるケースなどもあります。