セロトニン配合の医薬品でメラトニンや瞑想と同じ効果

セロトニンとは、ノルアドレナリンやドーパミンが暴走するのを抑制し、心を落ち着かせて安定させるという効果があります。身体のなかでも、とくに重要な役割を担っている三大神経伝達物質のひとつとなっており、睡眠ホルモンである「メラトニン」の材料になったり、朝の目覚めを良くするなどの作用があります。メラトニンは体内のホルモン環境に影響し、細胞の新陳代謝を促したり、疲れを取ってくれる効果があります。
また、瞑想などによって作られる脳波「アルファ波」が活性化した状態に似ていると言われていて、セロトニンは、脳を落ち着いた状態にしながらも、非常にクリアな状態にするという効果もあります。セロトニンの分泌が高まると、自然にストレスに対して強くなったり、欲望などを上手にコントロールさせ、交感神経と副交感神経のバランスを整える作用があります。自律神経のバランスが取れてくると、物事に対して冷静に判断をしたり、対応をすることができるようになります。近年は、お仕事や日常生活でも、さまざまな悩みを抱えているという方が、とても多くなっています。気持ちが不安定になってしまったり、夜なかなか寝付けなかったり、眠れてもしっかり熟睡できない、寝起きがつらいと感じる、イライラしたり、なんとなく疲れやすいと感じてしまうことがありますよね。セロトニンを増やすには、簡単でリズムのある運動、例えばジョギングやダンスなどをしたり、嗅覚を刺激するなども効果的です。好きな食べ物のにおいを嗅ぐと気持ちがアップしたり、アロマを香ったりすると気持ちが安らいだりまします。少しでも日常生活でセロトニンを増やすことができるような生活習慣を身に着けていくことが大切です。最近では、サプリメントや医薬品などでも、摂取することができるようにもなっていますので、疲れていると感じた時には、無理をせずお薬などに頼るのもひとつの手段です。