ジェネリック医薬品はどれくらい安いの?

ジェネリック医薬品は特許の切れた医薬品について先発品を作ったメーカー以外が製造販売できるようになる制度です。
日本国内で増え続ける医療費支出を削減するためにはより普及させていくべきとされ、病院や調剤薬局で名前を聞いたという人も増えてきています。
ですが実際に自分が利用するということになると、具体的にどれくらい安くなるのかということが気になるポイントになるでしょう。
実際のところどれくらい安くなるのかという点についてはそれぞれの薬次第だとしか言いようがないのですが、例えば睡眠導入剤として良く処方されているマイスリー錠10mgを例に取ってみると先発品の薬価は69.7円となっているのに対しジェネリックの薬価は33.2円となっています。
一錠当たりの薬価が半額になるわけですから、費用負担ではかなり大きな効果があるとして考えられるでしょう。
医薬品によってはここまで大きな差が出ないこともありますが、ジェネリックの方が高額になるというケースはまずありません。
さて、しかしここでまた疑問となるのは効果に差が出ることは無いのかについてです。
確かに薬価が安いと効果も低くなるのではないかと思われることが多いのですが、ジェネリックは先発品と同じ医薬品成分を使用しています。
特許期間は先発品を作ったメーカーしかその薬を販売できなかったのに対して特許が切れたことでその薬の成分を他社が使って薬を使って良いとされて生まれたのがジェネリックですから、ジェネリックかそうではないかで効果に差が出るケースはごく稀です。
最終的な判断は患者さんが下して良いため好きに選ぶべきなのですが、ジェネリックがあるのであれば先発品を使う理由もあまりないのが実際のところでしょう。

例えば、扁桃炎に効く抗生物質として挙げられるのはクラビットがあります。クラビットは先発医薬品で、高価なのがネックです。一方クラビットと同じ成分で、ジェネリック医薬品のレボクインがあります。ジェネリックのレボクインは安価なので、クラビットを使うよりも経済的負担が軽減されるのでお勧めです。

■炎症を抑えるなら安くてお得なこちらのジェネリック医薬品がおすすめ
セレコックス
■下記サイト様ではインフルエンザに効くタミフルやタミフルジェネリックについて記されています
インフルエンザ治療についての紹介